ブログ

2013年11月19日

こんにちは アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設 荻ノ迫宏成です。

立冬がすぎ2週間、日に日に寒くなってきました。現場では体も固くなり、また日が短いぶん作業も急ぎがちになり事故が増える季節です。寒さに慣れるまでは特に気をつけなければいけません。

さて私は先週14日に『2013年全国スーパーウォール会年次大会』という会に参加するため横浜へ行ってきました。

P1010662P1010663この会はスーパーウォール工法という『快適』『安心』『エコ』な住宅造りを通して、幸せな家族が増えること、また少しでも地球環境改善に寄与していくことを目的とした工務店の会である『スーパーウォール会』の年に一度の全国大会です。


鹿児島から北海道まで全国から700名あまりが集い、昨今の住宅事情や成功事例またお客様満足度向上のため今後どういった展開が必要なのか等を話し合います。
また成績優秀な工務店の表彰式もあり、我々工務店にとっては勉強の場であり晴れの舞台でもあります。

私はまだまだ表彰されるような立場ではありませんが、いつかあの舞台に胸張って登れるよう頑張っていきます。

日本の戸建住宅の70%以上は我々のような中小地場工務店が建設しています。われわれ自身が住環境改善意識を持たなければ日本の家はダメになります。それだけ大きな責任を負っているのです。そんなことを強く感じさせられた大会でした。

P1010693

私たち地場工務店はしっかりした家づくりと地域密着、地域貢献を基本にこれからも頑張っていきたいと思います。







アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設 荻ノ迫宏成でした。

株式会社 荻建設 http://www.ogikensetsu.co.jp



ogi_hinokinoie at 19:56コメント(0) 

2013年11月12日

こんにちは アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設の荻ノ迫宏成です。

先月受験した『暮らし省エネマイスター検定』の試験結果が届きました。

『合格!!』

14この資格は、家庭生活における省エネルギーを実践、実現したいと考える一般生活者の方に、的確なアドバイスを行う人材を育成するために設けられた制度で、他にも同様の資格制度があるそうですが、とくに『住まいや暮らし』に関連した項目を充実させた一般社団法人パッシブデザイン協議会が主催している資格です。

住宅に携わる者として、これからの時代避けては通れない『エネルギー問題』
昨今の車や家電製品は飛躍的に省エネ化が進みました。しかし戸建住宅に関してはどうでしょう?その多くが20年以上前の規格のままです。
その古い規格の器(住宅)の中で省エネエアコン等を使用しても目指すべき本来の形ではないと思います。

日本の住環境の向上こそがこの問題の解決につながっていくと私は信じています。
この資格取得を機にさらなる省エネルギー住宅の重要性を伝えていきたいと思います。


アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設の荻ノ迫宏成でした。


(一般社団法人パッシブデザイン協議会)http://www.passive-design.jp/index.php
(株式会社 荻建設)http://www.ogikensetsu.co.jp





ogi_hinokinoie at 11:34コメント(0) 

2013年11月08日

こんにちは アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設の荻ノ迫宏成です。

昨日、一昨日岐阜でスーパーウォールサミットがあり参加しました。
今回で8回目!
このサミットはスーパーウォール工法という高性能な住宅を普及させ
ることで日本の住環境の向上を図り、世の中に貢献して行こうと日々活動
しているスーパーウォール会のメンバーの中でも特にその志が高く、また
経営者としても人間としてもカリスマ性のある(私はまだまだです)社長7名が
春夏秋と1年に3回集まり成功事例、近況報告、お客様満足度確認、今後の策
などについて議論する会議です。

P1010608P1010611








今回は岐阜の凰建設さんのパッシブハウスの現場を視察。

日頃、高断熱、高気密の家を作っている私たちでも驚くほどの断熱材の量!!
また考え方。
いかに私たち日本人が住宅から無駄に空調エネルギーを捨てているのかがよく
理解できました。2月には完成形を見せていただきます。

0310








その後、会議室で近況報告や役立つ資料のディスカッション、今後の動静について話し合い。
夜は凰建設さんのモデルハウス敷地内にある東屋で天然鮎と飛騨牛を森社長オリジナルの
タレでいただきました。本当に美味しかった。
この飛騨牛は歯が要りませんよ(^^)

翌日ゴルフをして無事サミットは終了しました。

P1010620普段なかなか会うことのできないスーパー工務店社長団。
自分はまだまだ未熟者であることを痛感させられるとともに
必ず近いうちに少しでも追いつけるよう頑張ろうと決意できる場。
自分にとっては年3回の試験のような気持ちでこれからも
参加させていただきたいと思っています。





アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設の荻ノ迫宏成でした。

株式会社 荻建設 http://www.ogikensetsu.co.jp





ogi_hinokinoie at 16:36コメント(0) 

2013年11月03日

こんにちは アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門、株式会社 荻建設の荻ノ迫宏成です。

早いものでもう11月!!最近1年がとにかく早く感じてしかたありません。一日一日をもっと大切に過ごさなければ!と思う今日この頃です。

さて今日は当社のコンセプト住宅「square line」(スクエアライン)都市型3階建スイス漆喰仕様住宅のN様邸が上棟しました。

P1010560P1010563P1010575










荻建設が考える「良い家」とはインテリアやデザインといった『目に見える』部分

と完成してからでは改善できない家の基本的性能である耐久性や耐震性また断熱性といった

『目に見えない』部分の両方が揃っている家のことだと思っています。どちらかでも欠けていると

きっと後々後悔する不満足の家になると思うのです。

骨組が完成する上棟の日は特にそのことを強く感じます。

P1010585P1010599









地震に強く、お洒落でかっこよく、室内環境もよく、省エネで長く住める。

そんな『良い家』をこれからも造っていきたいと思っています。




アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門 株式会社 荻建設の荻ノ迫宏成でした。

株式会社 荻建設 http://www.ogikensetsu.co.jp




ogi_hinokinoie at 00:49コメント(0) 

2013年10月16日

こんにちは アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門の荻建設の荻ノ迫宏成です。

先週末、兵庫県にある日本最古の時計台(札幌時計台と同時期)と言われている

辰鼓桜(しんころう)がある豊岡市出石に行ってきました。

P1010467
1881年(明治14年)完成のこの時計台、札幌の時計台とどちらが古いのか定かではないらしいが130年間出石の人々に時を知らせ続けている佇まいは古さではなく歴史を感じさせ、見るものを圧倒します。
古くなればなるほど価値が出る。そんな仕事をしたいものです。




2013_1014_122806-20131014_122806
当然名物「皿そば」も食べました(^^)
1706年に出石藩主松平氏と信州上田の仙石氏が国替えとなった際、仙石氏と供に信州から来たそば職人の技法が在来のそば打ちの技術に加えられ誕生したそうです。その後、出石焼きが始まり白地の小皿に盛るかたちが確立され、今では約50軒ものそば屋が並ぶ関西屈指のそば処として有名です。

20
20皿以上完食「皿そば之証」もいただきいい旅になりました。
遠くの旅もいいけど、近くにもまだまだいい所ありますね。



アルチザン・ハウス・ラボ 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成でした。

ogi_hinokinoie at 22:07コメント(0) 

2013年06月12日

こんにちは 桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成です。

6/8(土)9(日)に『第12回荻建設大感謝祭』を開催しました。
P1000695

日頃お世話になっている地元の皆様。荻建設で家を
建ててくださったお客様。またこれから家を建てて
くださるお客様へ感謝の気持ちを込めた年に3回行う
イベントです。また収益金を吹田市と摂津市の子供
たちのための基金に寄付させていただくチャリティー
も同時に行っております。

早いものでもう12回目!今回もたくさんの方に
ご来場いただきました。
P1000701

新企画「ヒノキで作るマイ箸」 「自家製たこ焼」
も大好評でした。
P1000714
P1000702

たくさんの子供たちやご両親の笑顔を見ていると
この地域で仕事をさせてもらっていることに喜びを
感じます。

これからももっと地域の方に頼られ選ばれる会社
になれるよう頑張っていきたい。




桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成でした。


ogi_hinokinoie at 09:21コメント(0) 

2013年05月13日

桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成です。

一昨日、三重県志摩市のプロバンスの家で有名な㈲タイセイさんに
こだわりの家づくりの見学をさせていただきました。

P1000406

白亜の外壁カルクウォールと南欧の屋根!パインの床と漆喰の壁!アンティーク家具やステンドガラス
照明器具に関してもすべてオリジナル。
既成品はほとんど使わないのが社長のこだわり。




P1000414


庭の門灯
P1000447





P1000512





P1000591



私たち小さな工務店には必ずこだわりの強い商品が必要だとあらためて感じることができました。
荻建設のこだわり!?「ヒノキの骨太構造と高断熱パネル」にプラス「???」



進むべき道が見えてきた気がする。



桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成でした。













ogi_hinokinoie at 22:07コメント(0) 

2013年02月19日

桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成です。


日本のみなさんこんにちは(^^)

14日から中国の大連に来ています。とにかく寒い((+_+))

大阪も寒いでしょうが、こちらはマイナス10℃前後!気候は北海道の道東くらいです。

雪はあまり降りませんが当然路面は凍結しています。でもほとんどの車がノーマルタイヤ

っていうのには驚きです。

P1010785


初めて来たのが8年前。今回で17回目の訪中ですが初めて来た時より街もかなりキレイになってきました。

でも建物を近くで見ると外装も内装も各部の収まりや仕上げに関してはやはりまだまだです。そういうところを

見てしまうと我々日本人がどれだけ几帳面な仕事をしているのかよくわかります。

でも単純にそういうところだけを比べても意味のないことです。

それぞれの国で考え方や意識の違いは必ずあり、買う側(住み手)がどのレベルを望んでいるのかによるの

です。また質より量で、とにかく早く発展させなければならない!という段階だというのも現地に来るとよくわか

るのも事実です。でも近い将来、「量から質」に必ずなるのも間違いないと思います。

P1010713

こちらのマクドナルド!漢字で「麦当労」と書きます。

味は日本と変わりませんが、店員に笑顔は一切ありません(*_*)スマイルは有料??ではなく

本気の時だけです。愛想笑いや営業スマイルはほとんど無しです。

考え方を変えれば「楽」ですね。

これも買う側がどのレベルを望んでいるのか?です。

日本は確かに素晴らしい国です。私も日本人であることを誇りに思っています。

でもそれを他国と比べてどう?とかこう?というとこれまた意味の無いことだと思うのです。

外国へ行くと色んなことを考えさせられますね(^^)

21日帰国します。


桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成でした。





ogi_hinokinoie at 01:00コメント(0) 

2013年02月03日

桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成です。

みなさんこんにちは!今日は感謝祭で「もちつき大会」をしました。

P1010608
P1010632


たくさんの子供たちが参加してくれました。初めての本物のもちつきにみんな大興奮(^o^)

P1010526
P1010609


節分ということもあり私が鬼役!本気で豆を撒かれました。今日から後厄に突入したので
自分が豆まきしたかったのですが・・。

工作教室も豆まき用のヒノキの一合枡!!

P1010597
P1010569


恒例の地元パン屋の「ムッシュ」さんも参加。200個のパンも完売!!定着してきました。

P1010559
P1010579


感謝祭も回を重ねるごとに地元の皆さんに認知されてきたのか、あたたかいお言葉を
たくさんいただけるようになりました。
本当にやっててよかった(^o^)

我々地域の小さな会社とは地元のみなさんの応援のおかげ成り立っています。
感謝祭はそんな地元のみなさんへ、ささやかではありますが感謝と恩返し。また将来を
背負う子供たちの良い思い出づくりのために行なっています。
規模は小さいですが、これからももっとワクワクするような企画を考えています。
本日はご参加くださいまして本当にありがとうございました。

また休日返上で協力していただきました当社の協力業者のみなさん!
朝早くから本当にご苦労様でした。この場をかりて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成でした。




ogi_hinokinoie at 22:55コメント(1) 

2012年06月19日

桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成です。

6月16日(土)17日(日)に『檜の家の構造見学会』を開催しました。

P1030585








土曜日は悪天候でしたが2日間で21組のお客様にご来場いただきました。
本当にありがとうございました。

また見学会開催を快くご承諾していただきましたお施主様には本当に感謝
しております。ありがとうございました。
07

私たち地元の小さな工務店には大手ハウスメーカーのように
素晴らしいモデルハウスはありません。
ですのでお客様との最初の出会いはこのように今建てている
現場の見学会から始まるのです。

見学会を行うためにはお施主様はじめご近所の皆様との
信頼関係が必要です。地元企業だからこそ出来る強い信頼を
得られるサービスとは!?私たちはこれからもずっと考えていきます。



☆次回完成見学会は8月の予定です。お楽しみに☆



ogi_hinokinoie at 00:13コメント(3)