ブログ

2011年05月28日

桧(ヒノキ)の家 注文住宅専門 荻建設 荻ノ迫宏成です。

昨日、同業者である、京都の京田辺市で地域NO.1の木村工務店さんの事務所に大阪スーパーウォール会の
大庭工務店さんの社長と一緒に訪問させていただきました。

木村社長の仕事に対する考え方、お客様への感謝の気持ち、また社員や現場の職人さんたちへの思い等色々話しを聞かせていただきました。

同じ地元の工務店として学ぶべきことばかりです。

木村社長、藤本店長お忙しい中ありがとうございました。

私たちのような町の小さな工務店の多くには大手ハウスメーカーのように全国に支店や営業所等は有りません。故にどうしても孤立しがちになり、情報収集や発信においても出遅れがちになります。しかし今回のように地元の工務店の同志が定期的に色んな情報交換をすることにより、小さな枠を乗り越えられると確信しました。

日本の住宅の約80%は我々のような地元企業が造っています。この数字には私も少々驚きましたが、住宅が、いかに地域産業であるかの証だと思います。

我々地元企業が活躍し地域に貢献してこそ本当の元気な日本を取り戻せると思います。
P1000761






ogi_hinokinoieogi_hinokinoie at 12:07コメント(1) 

コメント一覧

1. Posted by 大庭工務店 江尻   2011年06月08日 10:16
こんにちは、
昨日はお忙しい中、お越しくださり
有難うございました

荻さんのホームページ、可愛いですね
ブログも初めて見せてもらい、
最後の一行までくると、うるっときてしまいました。がんばらないと

ではまた、ありがとうございました。


フルーツ餅もはじめてで
感動しました有難うございました。

コメントする

名前
 
  絵文字